株式会社Culture Connect

リッチドキュメント製作の民主化- Swipe

Windows 95/98, Internet Explore 3/4のリードアーキテクト中島聡氏のintelligent document構想 (http://satoshi.blogs.com/life/swipe/ )をバックボーンに、「誰でもサクッと、プログラムなしで、自分の絵・写真・映像を組み合わせて動かせる」リッチメディアアプリケーション Swipe Studioの営業・開発を進めております。 Swipe Studioを使うと、お手元のイラスト、漫画、写真、動画、テキストをプログラムなしで組み合わせてアニメーション作品を作り、 YouTubeなどのSNSに簡単に投稿できます。 プログラムなしで、ヴァーチャルな繋がりで製作チームを組んだ作品作りも可能なので、Swipe Studioを使ったアニメーションの海外共同製作も可能です。 また、株式会社Culture Connectでは、お客様がご希望されれば、お客様の作品を、有償でSwipe Studioを使ってアニメーション作品に変換します。

Photoshopだけでアニメーションが作れるSwipeGenerator登場

アニメーションの海外共同製作

株式会社Culture Connectでは、Swipe Studioという枠に留まらない、一般的なアニメーションの海外共同製作についてもサポートします。 日本及び海外のアニメーション製作会社様の、個別の海外共同製作企画について議論を重ね、海外および国内における最適なパートナー探しを助け、共同製作実現に向けた交渉をサポートします。

日本のアニメーションなどの海外展開支援

株式会社Culture Connect が持つ、海外のエージェント、放送・配信事業者などとのネットワークを通じ、日本のアニメーション作品などの海外へのライセンス営業を支援します。 海外展開に必要な作品紹介のためのプロモーションビデオの英語版製作についてもご要望があればお手伝いします。お気軽にご連絡ください。
株式会社Culture Connectは中国の配給大手QC MediaやVOD大手、Bilibili, Baiduなどをクライアントに持つREBORN Mediaとのパートナーシップにより、日本のアニメーション映画などの出資獲得、中国での配給をサポートします。